システムエンジニアが正攻法で転職を成功させる手順!

本サイトではシステムエンジニア(SE)が転職を成功させるためのノウハウを分かりやすく解説します。

 

スキルを上げられる職場で働きたい

 

今よりもっと給料をもらいたい

 

人間関係に悩まず仕事に集中したい

 

そんなあなたのために、転職を成功させる手順、

 

自分にピッタリの会社の選び方から面接戦略までまとめています。

以下のような悩みがある方は是非とも読んでみてください。

 

今の会社で働いていても、将来がまったく見えない

 

残業や休日出勤で忙しすぎる

 

家族と過ごす時間、自分の時間を増やしたい

 

老後を考えたときに、今の給料ではやっていけない

 

同業他社と比べて給料が安すぎる

 

夜間や休日の障害対応に疲れた

 

上流工程を担当したいが下流工程の仕事しかない

 

他の会社の社員がイキイキとして見える

 

もう孫請けやひ孫請けはいやだ!1次請けの会社で働きたい

 

デキの悪い同僚の「しりぬぐい」ばかりでうんざり

 

上司の給料が安すぎて夢も希望もなくなった

 

とにかく今の会社を辞めてリセットしたい

 

※ これらのことを一度も考えたことがない人は、読んでも意味がないです。。。
  残念ですが、そっとこのページを閉じてください。

 

真剣に仕事をしているSEなら「業務を通じてスキルを身につけたい」と考えるのは当然のことです。

 

また、仕事で良い評価を得られたなら「正当な報酬を手に入れたい」と考えるのも当たり前です。

 

しかし、

 

会社があなたの活躍できる場所を用意してくれないのなら

 

上司やリーダーがあなたの頑張りを評価してくれないのなら

 

それはとても悲しいことです。

 

そこで、本気で転職を考えようとしているあなたのために、

 

  • SEのキャリアアップって具体的に何をすればいいの?
  • どんな人が転職で採用されやすいの?
  • 書類選考や面接はどうすればクリアできるの?

 

こんな疑問にお答えしていきます。

 

特に難しくはなく、このページに書いていることを参考に転職活動を進めていけば
あなたが望む働き方を簡単に実現することができます。

 

正攻法で転職を成功させる方法とは

私は17年以上、エンジニアとして働いてきました。採用面接官として、応募してきた方の合否を判断したことも何度もあります。

 

また、これまでにシステム開発の現場で接したシステムエンジニア・プログラマの人数はゆうに1,000人を超えます。

 

IT業界が肌に合わずに退職された方、フリーランスSEとして独立された方、会社に残留することを決めた方、さまざまなSEをこの目で見てきました。

 

もちろん、働く環境を変えるために転職を成功させた方もたくさんおられます。

 

それら現場の実態・経験から得た情報を出し惜しみすることなく、具体的に書いていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

とはいえ、特に難しいことをする必要はまったくありません。

 

あなたが望む働き方を手に入れるためにやることは

 

1.エンジニアの転職に強いサイトを選ぶ

 

2.書類選考に通りやすい履歴書を作成する

 

3.面接対策のポイントを知る(具体例あり)

 

というシンプルな流れです。

 

また上記に加えて、

 

 

といったことも書いていますので参考にしてみてください。

 

 

手順1 エンジニアの転職に強いのはどのサイトなの?

ではまず、転職サイトを選びましょう。

 

ここでは、実際に転職を経験した現場SEからの評判の高い
「使ってよかった転職サイト」を紹介します。

 

お住いの地域別に厳選した2サイトを紹介します。

 

どちらもIT業界の求人だけを扱っているSE専門の転職サイトです。

 

関東で転職を成功させたい方は

 

⇒ レバテックキャリア

 

レバテックキャリアはIT・WEBエンジニア専門の転職サイトです。
エンジニア経験のあるコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。

 

おもに東京・神奈川・千葉・埼玉など関東エリアの求人を扱っています。
関東に住んでいる方は迷わずレバテックキャリアでよいでしょう。

 

関東以外で転職を成功させたい方は

 

⇒ ワークポート

 

ワークポートはIT・インターネット業界のみで2000社もの取引実績のある転職サイトです。
北海道から九州まで全国のIT求人を扱っています。

 

もちろん、どちらも無料です。

 

これらエンジニア専門の転職サイトでは、ITの専門知識を持ったコンサルタントが
あなたをサポートしてくれるので、転職が成功する確率をグッと上げることができます。

 

リクナビやマイナビなど、IT以外の職種を扱っている大手サイトもありますが、
本気で転職を考えているSEなら、IT専門の転職サイトを利用したほうが断然有利です。

 

特にレバテックキャリアは、もともとフリーランスSE向けの案件情報サービスを提供していた会社なので、IT企業とのつながりも深く、現場のプロジェクトリーダーやマネージャークラスのSEから好条件の求人情報がどんどん上がってきます。

 

好条件の求人というのは応募者も殺到しますし、すぐに定員が埋まって募集が締め切られてしまうことが多いんですが、レバテックキャリアは現場のSEからのタイムリーで良質な求人から選べるので、希望に合致した転職先が見つけやすいのです。

 

手順2 履歴書はどうやって書けばいいの?

 

まず最初に重要なことをお伝えしますが、

 

履歴書はまだ書かないでください。

 

転職活動はコンサルタントと二人三脚で進めることになります。

 

コンサルタントとはあなたの希望に沿った求人を探してきてくれる「執事のような人」と思ってください。

 

まずは、そのコンサルタントにあなたの希望する条件を「エントリーシート」で伝える必要があります。

 

履歴書には書きにくい内容も含めて、あなたの希望を包み隠さずエントリーシートに書きましょう。

 

具体的には以下のような内容です。

 

転職であなたが本当に実現したいこと
年収800万円以上欲しい
一部上場企業希望
残業が少ない会社に行きたい
通勤時間は30分以内
安定性のある企業がいい
成長が見込めるベンチャーで自分を試したい
福利厚生が充実している会社がいい
忙しすぎるのはイヤ。定時で帰れる職場がいい

 

転職であなた自身が不安に思っていること
開発経験が少ない
プログラミング経験はあるが設計経験がない
技術力に自信がない
転職回数が多い
人間関係の悪化が退職理由である
働いていない空白期間がある
面接が苦手だ

 

このように
コンサルタントにはネガティブな情報も含めて、
あなたが本音で思っていることを全て伝えてください。

 

遠慮したり恥ずかしがったりする必要はありません。

 

コンサルタントは100%あなたの味方です。

 

あなたの希望を叶えるために、悩みを解消するために、
コンサルタントが一緒になって考えてくれます。

 

そのうえで、コンサルタントと相談しながら応募する会社を選んでください。

 

もし、自分の希望や不安に思っていることを意識せずに履歴書を書いたとしても、
それはあなたの本当の気持ちを反映したものではありません。

 

うわべだけの想いを伝えたとしても、気持ちの芯の部分、土台の部分がしっかりしてないので、面接官にはすぐに見破られてしまいます。

 

ですので、まず最初にあなたが書くべきなのは、
あなたの本音を記した「エントリーシート」なのです。

 

この作業が終わってから、はじめて履歴書を作成すればよいです。

 

もちろん、本サイトでは履歴書の書き方も丁寧に解説していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

書類選考を通過する確率をアップさせる!履歴書(志望動機)の書き方
転職成功の秘訣!なぜエージェントを使うと希望する会社に入れるのか

 

手順3 面接で気をつけるポイントは?

 

転職活動でメインとなるのは面接です。
ここをクリアしなければ、あなたが望む仕事は手に入れられません。

 

私はこれまでにたくさんの採用面接の場に立ち会ったことがありますが、
そのときに「こうすればいいのになぁ」と感じたことを紹介します。

 

面接で最低限、気をつけるポイントとしては2点です。

 

自分をよく見せようとしない

 

面接官が知りたいのはあなたの普段の姿です。
面接の場では決して自分をよく見せようとしないでください。

 

相手は何百人もの面接を担当してきたプロですから、

 

とりつくろっても一瞬でバレます。
むしろ自分をよく見せようとする態度がマイナスポイントになります。

 

「面接で緊張してしまって話せない」という方がおられますが、これは心配しなくても大丈夫です。

 

本当にコミュニケーション能力に問題があるのか、
面接で緊張しているだけなのか、

 

それらは全て面接官に見抜かれています。

 

面接でシドロモドロになっている人でも、
「あ、この人は活躍してくれるな」
と思わせてくれる人なら間違いなく採用されます。

 

「最後の質問」は必ず3つ以上、準備しておく

 

面接の最後には必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。

 

この質問は最低でも3つ以上、準備しておいてください。

 

たまに、この質問に対して「ありません。」という回答をする人がいます。

 

そのような人はどれだけ実績があっても、どれだけ面接の印象が良くても、
必ず不採用になります。

 

また、当たり障りのない質問をしても意味はないです。

 

たとえば

  • 上流工程に携わることができますか?
  • 残業はどのくらいですか?

こんな質問ですね。

 

YES/NO、もしくは、ひとことで回答できてしまう質問はNGです。

 

では、どんな質問が一番正しいのか。

 

正解は

 

面接官が答えていて気持ちが良くなるであろう質問をしてあげること

 

です。

 

大事なことなのでもう一度いいます。

 

面接官が答えていて気持ちが良くなるであろう質問をしてあげること

 

です。

 

たとえば、こんな感じの質問です。

 

御社で活躍するために、私のこれまでのキャリアやスキルで足りないもの、補うべきものは何があるでしょうか?

※ あくまで例なので自分なりにアレンジしてみてくださいね。

 

この質問では、「入社して活躍したい、足りないものは補いたい!」という強い意欲が感じられます。

 

そして、なによりも面接官にアドバイスを求めることで、

 

私は面接官のあなたから学びたいんだ!教えてほしいんだ!

 

という意志をはっきりと伝えることができます。そして面接官に

 

仕方ない、私から若者にアドバイスしてあげるか

 

という気持ちを湧き起こさせることができます。そうすることで、一種の師弟関係のような心地よさを面接官に感じさせることができるんですね。

 

つまり、意図的に助言やアドバイスをもらえるような質問をして、面接官に「教えてあげる」という行為をさせることで、優越感を与えることができるのです。

 

情熱のある若者と接して、さらに優越感を満たすことができて、それで気分を害する面接官はいません。

 

ですので「何か質問はありますか?」という問いに対しては、自分が本当に聞きたいことを質問するのではなく、

 

「自然と相手を心地よくさせてあげられるかどうか」

 

を徹底的に考え抜いた質問が正解です。

 

誰も教えてくれませんが、これが質問の本当の意図なんです。

 

面接においては最低限、この2つだけでも意識していれば、採用される確率はグググッとあがります。

 

【重要】転職を成功させる確率をさらにアップするための3か条

転職コンサルタントを最大限活用する!

 

入念に準備したうえで面接にのぞむ!

 

どんなときも心に余裕をもつこと!

 

実際に面接が始まりだすと、うまくいかないこともあると思います。
そんなときは心に余裕をもって気持ちを切り替えることが大切です。

 

あなたの転職活動が成功することを願います。

 

不平や不満だらけの会社からおさらばして、数か月後には

 

本当に働きたい会社でイキイキと仕事している

 

将来に不安を感じることなく全力で仕事に打ち込める

 

そんな姿を想像してみてください。

 

今、思い浮かんだイメージが、あなたが心から働きたいと考えている職場です。

 

人生は一度きり

 

後悔のない人生を歩んでください。

 

あとは、行動するかしないか、それだけです。

 

関東で転職を成功させたい方は

 

⇒ レバテックキャリア

 

レバテックキャリアはIT・WEBエンジニア専門の転職サイトです。
エンジニア経験のあるコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。

 

残念なのは求人を紹介している地域が関東だけということです。
関東に住んでいる方はレバテック一択でいいと思います。

 

関東以外で転職を成功させたい方は

 

⇒ ワークポート

 

ワークポートはIT・インターネット業界のみで2000社もの取引実績のある転職サイトです。
北海道から九州まで全国のIT求人を扱っています。

 

はじめて転職活動するエンジニアのために

 

ここまで転職活動のポイントを説明しましたが、
それでも不安を感じるエンジニアもおられるでしょう。

 

あなたが考えている通り、

 

転職は全員が成功できるわけではありません。

 

転職で年収が下がる人もいます。

 

「前の会社のほうがよかった・・・」、と後悔する人もいます。

 

ただ、失敗したと思うようなケースはほとんどの場合、

 

転職前に「自分が本当に希望している働き方」を整理できていなかった

 

ということが原因なんですね。

 

たとえ、転職で年収が下がったとしても、自分がやりたいことが実現できている職場であれば、その転職は「成功」なんです。

 

そのため、転職活動を始める前には、まずは「自分が譲れないこと」をはっきりさせておかなければなりません。

 

ですので、初めての方は「自分が何を重要に思っているか」、
を明確にするステップが必要です。

 

あなたが転職で改善したいポイントは

 

仕事内容なのか?

 

労働時間なのか?

 

人間関係なのか?

 

給料(年収)なのか?

 

働くポジションなのか?

 

勤務場所なのか?

 

これらの優先順位をはっきりとさせておきましょう。

 

逆にいうと、これさえはっきりさせておけば、
転職の半分は成功したようなものです。

 

さらに、現代の転職活動は1人ぼっちで戦う必要もありません。

 

無料でサポートしてくれる転職コンサルタントがいるのですから、
彼らを有効に活用すればよいのです。

 

ここまで書いてもまだ行動を起こせないなら
残念ですが、不満をこぼしながら一生を過ごすしかありません。

 

ほんの1か月だけ、集中して活動すれば
有意義な人生を取り戻すことができるのですが。。。

 

特に難しいことをするわけではなく、

 

転職コンサルタントのサポートを受けながら転職を成功させることで
理想としている働き方、スキルアップ、収入アップにつながるのです。

 

希望する条件の会社はコンサルタントが提案してくれます。

 

履歴書の書き方は親切に指導してもらえます。

 

あなたがやることは、最低限の面接テクニックを身につけるだけです。

 

実は面接対策もコンサルタントが模擬面接で丁寧にレクチャーしてくれます。

 

しかもこれらはすべて無料です。

 

あとは行動するかしないか、それだけです。