27歳以下のひよっこSEは今のうちに背伸びしないと後悔するよ!

 

突然ですが、あなたの会社に尊敬できる先輩や上司はいますか?

    将来は○○先輩のようにバリバリと設計ができるようになりたい

     

    ○○部長のように部下に信頼されるような上司になりたい

具体的に尊敬する人の名前が出てくるなら、今の会社にいても問題ありません。

 

ただ、どれだけ考えても、尊敬できる先輩が出てこない人は要注意です。

 

自分が望む将来がそこにはない?

尊敬できる人がいない、もしくはごく少数しかいないという状況だと、
どれだけ忙しく働いても、成長できません。

 

なぜなら「自分が望む将来がそこにはない」からです。

 

こんな風になりたい

 

そのためには努力しよう

 

こう思って、初めて人間は成長できます。

 

目標とする人がいない環境でモチベーションを維持し続けることは、とても難しいんですね。

 

それでも、ずっとその会社にいますか?
少しだけ勇気を出して、本来の成長できる環境を手に入れませんか?

 

27歳前後ならまだ間に合います

『新卒カードはすでに切ってしまったし、今よりいい会社に入れないのでは?』

 

そんな風に考えているあなた、

 

27歳前後なら全然遅くはありません。

 

むしろ、エンジニアとして4〜5年の経験があり、これからリーダーとして活躍できる人材なら、企業は喉から手が出るくらい求めています。ど真ん中です。

 

しかも、27歳前後の方が就職活動していた時期は、ちょうどリーマンショックで企業が採用を控えていた時期です。

 

能力が高いのにも関わらず、希望する企業へ就職できなかった人も多かったのではないでしょうか。

 

今はどこもエンジニアが足りない状況です。ハッキリ言って、売り手市場です。逆襲するなら今しかありません。

 

求人の数は圧倒的に増えていますし、
700万〜900万の年収で求人を出している企業はザラにあります。

 

新卒の時よりもむしろ、今のほうが好条件の求人が多いかもしれません。

 

それでも、ずっとその会社にいますか?
少しだけ勇気を出して、本来の成長できる環境を手に入れませんか?

 

決めるのはあなたです

人生の選択権はあなたにしかありません。

 

生き方は自由です。
ただ、長年システムエンジニアをやってきた人間から見て「もったいないな」とは思います。

 

分かってない上司に理不尽なことを言われる

 

毎日終電でとにかく忙しい

 

なのに、給料は安い

 

異性との出会いもない

 

こんな日常って、楽しくないですよね。

 

せっかくシステムエンジニアという職業を選んだのなら、心から満足できる環境で働いてほしいと思います。

 

つぶされそうになってませんか?

IT業界では、仕事のデキる人に仕事が集中します。

 

仕事がデキる人ほど、責任感が強く、周りに気を使ってしまうので、なかなか断ることもできずに、さらに仕事が集まってくるという悪循環におちいります。

 

その負の連鎖を断ち切るには、

あなたがウツになってつぶれるか

 

あなたが会社を辞めるか

どちらかしかありません。

 

忙しさや周りのプレッシャーから心が壊れてしまうエンジニアを何人も見てきましたが、
彼らに共通しているのは「真面目で責任感が強い」ということです。

 

どこかで「逃げてはいけない」という風に自分を追い込んでいるんでしょうね。
「理不尽な仕事を拒否する」というのは、決して逃げることではないのですが。

 

真面目さゆえに、頑張り過ぎてしまうんだと思います。

 

少し話はそれてしまいましたが、
「転職して環境を変えることができる」
という選択肢があるということだけ、知っておいてくださいね。

 

リアルで待遇がいい会社の特徴9個!探し方から注意点まで
求人情報から会社の実態を見抜く5つの方法

27歳以下のひよっこSEは今のうちに背伸びしないと後悔するよ! 関連ページ

【嗅覚を鍛える】ブラック会社の13の特徴と見分け方
私は新卒でブラック企業に入社した過去を持っています。「ITブラック四天王」でググれば出てくるようなホンモノのブラックです。会社名に「興業」がついている時点で気付くべきだったのですが・・・
リアルで待遇がいい会社の特徴9個!探し方から注意点まで
誰しも、転職するなら待遇のいい会社に入りたいと思うものですが、どうやってそんな会社を見分けるかを私の経験的に書いてみます。リアルで待遇がいい会社の特徴9個
転職成功の秘訣!なぜエージェントを使うと希望する会社に入れるのか
実際に転職エージェントを使った人ならご存知の通りですが転職エージェント(=コンサルタント)が紹介してくれる会社は圧倒的に採用される確率が高いです。採用まで至らないとしても、書類選考はかなりの確率で通ります。この理由は何なのでしょう。
人事担当者が不採用を決断する基準と2つの対処法
本格的に転職活動を始めだすと、面接に行く機会が増えていきます。その中で、話もはずんで良い雰囲気だったのに次の面接に進めなかった、最終面接まで行ったのに不採用となった、ということを経験することもあるでしょう。
SEが転職するときに読んでおくべき本【20代〜40代】
20代で転職する場合と、30代・40代で転職する場合とでは、履歴書に書く内容や面接対策は全く異なるものになります。ここでは年代別に「最低限これだけは読んでおいたほうがよい」という書籍を紹介します。