転職活動において絶対に報われない3つの努力とは?

転職活動をしていてもなかなか内定が取れないという人もいるでしょう。中には必死に努力をしているにも関わらず、なかなか報われていない人もいます。

 

その3つの理由について考えてみましょう。思い当たる節がないか、チェックしてみてください。

 

未経験の職種にばかり応募している

中途採用は新卒採用と違って即戦力を求めている場合がほとんどです。そのため自分に経験がない職種ばかりを受け続けてもその努力は報われない人も多いです。

 

会社側は一から仕事を教えるのではなく、すぐに仕事に馴染める人を探しています。新卒と違って中途入社の社員にまで一から仕事を教えられる余裕のある会社はそうありません。

 

どうしても経験のない職種に転職したい場合にはせめて「未経験歓迎」の求人を受けるようにしましょう。そのような募集をしている会社は研修の体制もしっかりあり、同じような未経験の人が活躍している可能性も高いです。

 

あなたの経験よりもやる気やポテンシャルを評価してくれることでしょう。

 

27歳以下のひよっこSEは今のうちに背伸びしないと後悔するよ!

 

ただし、年齢制限があるところがほとんどですので、もし30歳を超えているなら今までの経験を活かせる求人を探すほうがよいです。

 

売りにできるスキルや経験がない

転職活動における面接ではこれまでの職務経験についてよく聞かれます。しかし、募集している職種に活かせそうな経験やスキルがない場合は採用される確率は低いです。

 

転職するなら早いうちがいいのかもしれませんが、それでは採用してくれるところは限られてきます。どうせ転職をするなら、アピールできるスキルや経験を身に付けてからの方が転職できる会社の選択肢が広がります。

 

特に新卒で働いて数カ月で転職活動をしてもなかなか転職先が見つからず、その努力は報われないことが多いです。

 

経験がものを言う業界ですので、いくら能力があったとしても、せめて1年間は勤めてから転職活動を始めることをおすすめします。

 

自己アピールが空回りしている

転職活動の面接においても自己アピールをはきちんとできないと内定には繋がりません。会社の質問の意図を無視した一方的なアピールではどれだけ面接をしても無駄な努力に終わってしまうことが多いものです。

 

面接に落ち続ける場合には自分の自己アピールがを見直していましょう。抽象的な言葉ばかりで具体的なあなたの良さが伝わっていないということは考えられませんか?

 

最終面接で露骨にアピールしても失敗する3つの理由

 

その際は就職支援会社の行っている模擬面接などを受けて自分の面接の悪い点を指摘してもらいましょう。

 

転職成功の秘訣!なぜエージェントを使うと希望する会社に入れるのか

 

採用担当者である面接官も現在の仕事もある中で忙しい時間の合間をぬって、せっかく面接の時間を捻出しているのです。

 

できるだけ少ない面接で転職活動を成功させたいですね。

 

おわりに

このように転職活動がなかなかうまくいかないとうことはあなたの努力が空回りしていることが多いものです。

 

自分の転職活動に足りない部分は何なのか、立ち止まって見つめなおしてみましょう。

 

あなたのせっかくの努力を無駄にしないためにも客観的な視点を大切にして下さい。