本命の面接で失敗してしまう人が確認しておくべき4つのポイント

 

転職活動でなかなか本命の面接に受からないという人も多いのではないでしょうか?
本命の面接で失敗してしまう人が確認しておくべき4つのポイントについて解説して行きましょう。

 

自己PRに気合が入りすぎていないか

転職活動では応募条件や採用条件の関係でなかなか100%希望通りの条件の求人には出会えないものです。

 

そんな中で「これぞ本命!」と思える会社に出会えてしまうとつい気合が入ってしまいますね。

 

どうしてもその会社に受かりたいがために、面接のでも一つの質問にたくさん答えたり、過剰な自己アピールをしていませんか?

 

面接官の立場になって考えてみて下さい。

 

こちらの質問の意向を無視してただ自分の言いたいことをまくし立てるような応募者に好感を抱くでしょうか?

 

面接で大切なのはあくまでも会話のキャッチボールです。面接官の質問した内容に答えればよいだけです。

 

それでも話が抽象的では確かにあなたの良さは伝わりにくいです。少ない言葉であっても具体的な表現であなたの良さを伝えるように心がけてください。

 

自己PRなども言いたいことは初めに紙に書いてみてそれを後からまとめてみると客観的に見ることができるでしょう。

 

緊張しすぎていないか

どうしてもこの会社に入社したい!と思いすぎるあまり、面接でかなり緊張してしまう人も多いのではないでしょうか。

 

多少の緊張感は大事ですが、自分の言うべきことを伝えられないほど緊張してしまうのでは意味がありません。

 

あなたも社会人なのですから、緊張しすぎて我を忘れないようにしましょう。

 

上がり症でどうしても緊張してしまう、という人は面接官を会社の上司やお客様のように考えてみてはいかがでしょうか。

 

緊張しても冷静に対応をしなければならない相手ですよね?そう考えるだけでも落ち着きを取り戻せると思います。

 

面接に大切なのは適度な緊張感平常心です。

 

御社一筋としつこく伝えすぎていないか

いくら本当にその会社に入社したいと思っているからと言って「御社が一番です。御社一筋です。」などど過剰にアピールしすぎてはいませんか?

 

あまりにそれを連発すると自分の感情を抑えきれないコントロール能力に欠けた人だと思われてしまうかもしれません。

 

そのような大げさな表現は用いるならばここぞというタイミングで一回だけ使用するようにしましょう。

 

その方がその言葉に重みが出ますし、真剣度が伝わりますね。

 

その会社が求めている人材について客観的な判断をしているか

その会社に入社したいからこそ、自分の思いをどう伝えるのかという自分目線の対策だけで内定は遠ざかります。

 

その会社が求めている人物像や求めるスキル、経験などに照らし合わせて自分のどんな部分をアピールすれば採用したいと思ってもらえるのか、冷静に対策を練りましょう。

 

面接は戦略と対策が大切です。

 

限られた時間であなたが採用するに値する人物だと思ってもらわなければならないので、自分目線だけの主張では効果が弱いです。

 

会社目線でどんな人を採用したいと思うのかを考えてアピール内容を決めるようにしましょう。