採用される人とされない人 決定的な違いを徹底比較!

 

転職活動がなかなかうまく行かないとき、どうして自分は内定をもらえないのかと思い悩んでしまう人もいるでしょう。

 

中には1社のみの受験ですぐに転職先を決めることができる人も実際にいます。採用される人とされない人の決定的な違いを比較してみましょう。

 

同職種の経験がある人は断然有利

転職活動で強いのはやはり役に立つ実務経験があることです。中途採用の募集をしている会社は即戦力を求めていることが多いです。

 

同職種の経験があり、入社してすぐに戦力になるということであれば、会社側もすぐにでも採用したいと思うのではないでしょうか。

 

逆に未経験の場合は一から仕事を教えることになるので、仕事を教える分の人員も手配しなければなりません。

 

若手を大量採用するための第二新卒や未経験歓迎の求人でない限りは実務経験のある人が断然有利です。

 

自分に自信がある人は採用されやすい

採用される人とされない人の大きな違いは自分に自信を持って面接に答えているかどうかというのも大切な事項です。

 

学生ではなく、もう社会人としての経験を積んでいるので自分のそれまでの職歴について自信を持ってアピールできるのかどうかは大きな差が出るところです。

 

どんな質問にも自信を持って大きな声ではっきりと答えましょう。

 

面接では仕事上の失敗談やあなたの短所などを聞かれることもあるでしょうが、そこから学んだことはあなたの社会人経験の財産です。自信を持って答えても、なんらおかしくはありません。

 

あなたが自信を持って堂々と答えれば、「困難なことがあっても前向きにとらえる力がある人材だ」とプラスの評価をされます。

 

弱いところを突かれたその部分だけしゃべり方に元気がなくなったりするようであれば、ストレス耐性がないようにも見られてしまいます。

 

在職中か失業中かで合否の差が出る

他社に在職中であればみんな採用されるというわけではありませんが、在職中であるかそうでないかは雲泥の差があります。

 

確かに在職中であれば面接を受けるために会社を休んだりする必要もあり、失業状態であれば面接をたくさん受けられるから有利だ、と思ってしまうこともあります。

 

失業中は確かに面接にはすぐに行けますし、採用が決まり次第入社をすることもできます。しかし、採用する側から見ても在職中の応募者の方がはるかに優秀なように見えます。

 

毎日朝早く起きて一定時間仕事をしているのとそうでないのとではにじみ出る雰囲気が違ってきます。仕事から離れれば離れるほど仕事に対する緊張感も薄れてきます。

 

また、無職期間が長くなればなるほど、どこへでもいいから就職したいという気持ちになり、そんなに希望していない会社でも受けざるを得ないケースも出てきます。

 

条件のあったところだけを受けようと数は少なくとも確実に希望の会社の面接だけを受けている在職中の人とはかなり事情が変わってきますね。

 

転職をするかどうか迷っている人も、事情が許すかぎり在職中の間に面接を受けるようにしましょう。

 

最近では夕方からの面接を行っている会社も多いです。

 

おわりに

このように採用される人とそうでない人の違いは探せばたくさんあります。

 

採用される人になるためには上記のことを意識して転職活動をすることが大切です。

 

自分がすでに失業状態であっても、普段から早く起きて外に出かけたりアルバイトをしたりするなどして緊張感を保つようにしてみましょう。

 

それだけでも面接官に与える印象はかなり違うものになりますよ。